生理のお悩み

  • 生理のお悩み

生理

生理前の不快な症状や生理痛、生理不順など、生理に関連した様々な症状をご相談いただけます。全ての症状にピルをすすめることはせず、その方の症状に合った治療と副作用をご理解していただいたうえでの治療をご提案いたします。

月経前の症状(PMS)

月経前の3~10日間に精神的(イライラ、憂鬱など)または身体的な症状(腹痛、腰痛、頭痛など)が出現して、月経開始とともに減少したり消えたりするものをPMS(月経前症候群)といい、その中でも特に精神症状が重いものをPMDDと言います。
原因はいまだ不明で、ホルモンの異常を伴うこともありません。排卵していない時には症状が出ないことから、排卵後に分泌される黄体ホルモンが関与していると考えられています。幅広い年齢で発症します。生活習慣や仕事の有無などにも関係しないといわれています。

治療

治療は生活指導と薬物療法に分けられます。まずは自分がどのタイミングでどのような症状が出るのかを把握することが大切です。日々の生活で気を付けることとして、規則正しい生活・睡眠、定期的な運動、カルシウム・マグネシウムの摂取、アルコール・カフェインなど刺激物の制限、仕事の軽減などが挙げられます。薬物療法では、漢方、鎮痛剤、利尿剤、抗精神薬が使用されます。また保険適応ではありませんがピルが有効なこともあります。ただし、頭痛のある方はリスクがあるためピルが使用できるかどうかは知識のある医師の判断が必要です。

生理痛(月経困難症)

月経困難症は、月経に付随して起こる病的諸症状のことを言います。腹痛、腰痛、嘔気、頭痛、疲労、脱力感、食欲不振などの症状です。無排卵のときにはおこらないと言われています月経困難症には、器質的月経困難症(何らかの病気がある)と機能的月経困難症(病気がない)の2種類があります。まずは、どちらに当てはまるのか診察で判断します。

診察

エコーなどの画像検査で子宮筋腫や子宮内膜症がないかどうか、おりもの検査や採血で何らかの感染がないかどうかを調べます。検査で器質的疾患を診断された場合にはそれに応じた治療を行います。異常がなかった場合には、症状に応じた薬物療法を行います。

治療

生活改善

骨盤の血流を改善すると生理痛が軽減するため、適度な運動を心がけましょう。また、社会的な背景が影響していることがあるので思い当たることがあれば生活環境の改善をはかることも大切です。

鎮痛薬

生理痛はプロスタクランジンの影響が大きいと言われており、これを阻害する働きがある非ステロイド抗炎症薬が有効です。痛みが始まる前に服用することで、上手に生理痛を回避できます。ただし、胃が弱い方は薬により胃炎などが生じることがあるので要注意です。

漢方薬

即効性はありませんが副作用が少なく効果的です。鎮痛薬と併用することも可能です。

ピル

子宮内膜の増殖を抑える作用があり、子宮内膜で生産されるプロスタグランジンを減少させます。避妊で使用される低用量ピルでも効果はありますが、保険適応のピルもあります。

生理不順

生理は、脳‐卵巣‐子宮といった臓器が連携をとりあって成り立っています。このいずれかに障害があると生理が乱れます。このどこに異常があるのが調べるために、エコー検査で子宮や卵巣の大きさ、子宮内膜の厚さ、卵胞の発育具合などを確認します。そして、採血でホルモンの数値を測定し、どこに問題があるのか判断します。以下の疾患がよくある生理不順の原因になります。

中枢性排卵障害

精神的ストレス、過度の体重減少、過度の運動、環境の変化などが挙げられます。

高プロラクチン血症

プロラクチンは下垂体から出るホルモンで乳汁を分泌させる働きがありますが、妊娠・授乳期以外にプロラクチン値が上昇し、月経異常や乳汁分泌を認めるものを高プロラクチン血症といいます。

病因として、生理的因子では妊娠、授乳、ストレス、睡眠、乳汁刺激、摂食があります。病的因子では、下垂体腫瘍、視床下部・下垂体茎疾患、薬剤性精神科や消化器科で処方される薬)、原発性甲状腺機能低下症があげられ、その原因に応じた治療が必要になります。

ただし、プロラクチンの数値は変動しやすく、夜間、食後、排卵期などで高くなるため、状況に応じて再検査をして判断する必要があります。

症状がないのにもかかわらず、プロラクチン値が高い場合は、マクロプロラクチン血症のことがあり、その場合は治療は必要ありませんが、定期的な診察は必要です。

多嚢胞性卵巣症候群

妊娠可能な年齢の女性の5~8%に認められます。生理不順や不妊症の主な原因のひとつです

診断は、生理不順があること、採血でのホルモン値異常、エコーでの卵巣の異常のうち二つを満たすと診断されます。
年齢や背景によって治療方針は変わりますが、子宮体癌のリスクが高くなる可能性があるため、状況に応じて薬物治療が必要となります。

また将来的に、糖尿病、メタボリックシンドローム、心血管疾患、脂肪肝などのリスクがあるため、長期的に管理が必要です。

早期卵巣機能不全

40歳未満に閉経と同様の状態になることをいいます。ただし、加齢による閉経とは異なり、卵巣の機能が回復することもあります。
大部分は原因不明ですが、遺伝や自己免疫性疾患(甲状腺機能障害、糖尿病、SLEなど)、ホルモン産生卵巣腫瘍などが原因としてあります。

子宮性無月経

代表的なものとしてAsherman症候群があげられます、これは、妊娠中絶(子宮内容除去術)などにより子宮内腔が癒着し無月経となったものです。月経不順に関しては、一時的なものや排卵をしているものについては治療の必要性はありません。ただし、長期間にわたる月経不順や無排卵の場合、不妊症や子宮体がんの危険性が増加するため周期的に生理を起こす必要があります。エストロゲンの量が少なくなるためほてりや骨粗しょう症、高脂血症などのリスクが高くなるため、妊娠の希望がない場合でもホルモン治療が必要となります。

ミレーナ(レボノルゲストレル放出子宮放出システム)

もともと子宮内に挿入する避妊具として使用されていたものですが、子宮内膜の増殖を抑え、生理の量の減少や生理痛の症状を緩和させる作用があることがわかり、現在、月経困難症の治療として保険適用となりました。

詳しくはこちら