低用量ピル(OC)

  • 低用量ピル(OC)

低用量ピル(OC)

OC(oral contraceptives)とは低用量経口避妊薬のことです。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれた薬で、排卵を抑える作用と子宮頚管粘液や子宮内膜に作用して避妊効果を発揮します。低用量とは文字通り以前よく利用されていた中用量ピルに比べてホルモン量が少ない為、血栓や吐き気などの副作用が少なく、安心して使い続けられる様に工夫されています。基本的な飲み方としては1日1錠ずつ飲み続け、これを3週間継(21日)したら、残りの1週間(7日)を休薬期間とします。

避妊の効果

コンドームを理想的に使用した場合の妊娠率は2%ですが、低用量ピルの場合は0.3%です。これは、不妊手術や子宮内避妊具に匹敵する程の数字です。

副効果

ピルのメリットは避妊以外にもあります。

  • 生理痛が軽くなる
  • 生理の量が減少できる
  • 生理前の体調不良の改善(PMSの改善)
  • 各婦人科疾患のリスク減少(卵巣がん・子宮体がん・子宮内膜症)
  • 大人ニキビにも効果的(ピルの種類によります)

副作用

飲みはじめによくある症状

不正出血(12%)嘔気(7%)、体重増加(5%)、乳房の張り(4%)、頭痛(4%)など
通常は3か月以内に消失します。

命にかかわる重大な副作用

血栓症(血の塊ができて血管を詰まらせる病気) :ピルを飲んでいない人よりもリスクが高くなります

成人の女性 1~5人/10,000人
低用量ピル服用の女性 3~9人/10,000人
妊娠中の女性 5~20人/10,000人
分娩〜分娩後12週の女性 40~65人/10,000人

ピルの服用者に限って特別に血栓症のリスクが高いという事ではなく、妊産婦と比較してみても血栓症のリスクは様々な要因で高くなる事があります。こうしたリスクについて、当クリニックではわかりやすく、しっかりお伝えしています。

万が一、以下の症状が出た時は内服をやめてすぐに医療機関を受診してください。

A Abdominal pain (激しい腹痛)
C Chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)
H Headache(激しい頭痛)
E Eye / speech problems(見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)
S Severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、握ると痛い、赤くなっている)

ピルとがんについて

OC/LEPは現代女性のQOLを向上させる薬剤として、広く用いられる様になってきた一方、エストロゲンと黄体ホルモンを含有する為、「乳がん」の発症リスクは少なからず危惧されています。ピルの服用がない方でも、乳がんリスクは40歳をピークに上昇する為、これからピルの服用を有無に関わらず、年に1回のマンモグラフィーと乳腺エコーを併用した乳がん検診をおすすめしております。また、コンドームを使用しない性交渉によってHPV(ヒトパピローマウイルス)が感染し、「子宮頸がん」が発症するリスクもわずかに高まる報告もあります。これは、完全ではありませんがHPVワクチンである程度予防ができますし、感染症予防としてコンドームの併用をおすすめしております。これらのリスクがある反面、ピルを飲むことで「子宮体がん」、「卵巣がん」の発症リスクは抑えられる為、相対的にメリットとデメリットを比較して、1人ひとりの方にとってメリットの多い方を選択できるよう、お手伝いさせて頂きます。

当院でピルを処方できない方

  • 40歳以上
  • 喫煙者
  • 高血圧
  • 心臓病、不整脈
  • 前兆のある片頭痛
  • 乳腺疾患
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患
  • 授乳中
  • 血栓症

よくある質問

  • 他院で頭痛があるからピルが飲めないと言われました。なぜですか?

    頭痛の種類によって飲める場合と飲めない場合があります。
    ピルを内服するにあたって注意が必要なのは片頭痛を持っている場合です。
    なぜかと言うと脳卒中のリスクを上昇させるからです。
    脳卒中になると半身不随など重篤な後遺症や場合によって命にかかわることがあるためピルの処方を見合わせることがあります。
    片頭痛でも前兆を伴わない場合は慎重に経過を見ながら処方できることがあるのでまずは医師の診察を受けて下さい。
    もちろん当院でもピルの処方ができないこともありますが、それに代わるどのような治療があるかご提案させていただきます。
    患者様のすべての訴えに効果的な治療法が提案できないこともありますが、当院としては安全にできる限りのご相談にのりたいと考えております。

  • 高血圧でピルは要注意と言われました。どうしたらいいですか?

    脳卒中や心筋梗塞のリスクを上昇させるため、まずは高血圧の治療を優先する必要があります。
    そしてピル以外の方法で対応可能な場合もあるため、医師と相談することをお勧めいたします。

  • タバコを吸っていてピルが飲めないと言われました。なぜですか?

    血栓症のリスクが高くなるので、どうしてもピルを希望される場合はまずは禁煙をしましょう。
    どうしてもタバコがやめられない場合は、ピル以外の方法を可能な限りご提案させていただきます。