デリケートゾーンのお悩み

  • デリケートゾーンのお悩み

デリケートゾーン

外陰部の異常には、
かゆみ、痛み、腫れる、できものなどがあります。
婦人科に相談していいのか皮膚科に相談していいのか悩まれることもあるかもしれせん。ひとまずご相談していただき、皮膚科専門医の診察が必要と判断した場合は、適切な医療機関をご紹介させていただきます。

かゆみ

婦人科で遭遇するかゆみの多くはカンジダ膣炎などの感染症によるかゆみですが、その次に多いのが非感染性のものです。感染によるかゆみや接触皮膚炎は症状が出たときに早期に治療をすれば改善することが多いですが、長期化すると治癒するまでに時間を要することが多いです。かゆみが慢性化しない為、また皮膚癌につながるような病気を見過ごさない為、に早めの受診をお勧めいたします。

原因

接触皮膚炎
下着、きつい衣類、ナプキン、避妊具、外用薬、毛剃りなど
感染症
カンジダ腟炎、細菌性腟症、腟トリコモナス、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、毛じらみなど
皮膚病
アトピー性皮膚炎、苔癬、硬化性萎縮性膣炎、白板症など
腫瘍
外陰癌など
その他
内分泌疾患、肝疾患、腎疾患、血液疾患

痛み

痛みの原因となる代表的な疾患

カンジダ腟炎
毛嚢炎
毛穴にバイ菌が感染した状態
感染性粉瘤
皮下に角質や皮脂がたまって袋状になったもの
バルトリン腺膿瘍
性器ヘルペス
ベーチェット病
性器ヘルペスと似た潰瘍ができますが、ヘルペスより潰瘍が深く、痛みも強く出ます。
尖圭コンジローマ(性感染症)
外陰癌

できもの

できものができる代表的な疾患

毛嚢炎
毛穴にバイ菌が感染した状態
粉瘤
皮下に角質や皮脂がたまっているところにバイ菌が感染した状態
バルトリン腺膿瘍
性器ヘルペス(性感染症)
梅毒
尖圭コンジローマ(性感染症)
線維腫
血管腫
外陰癌